わたしは最悪。

上映中

字幕

DCP

R15+(15歳未満の方はご入場いただけません。)

上映期間: 8月中旬まで

上映時間: 2時間08分


© 2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST - SNOWGLOBE - B-Reel – ARTE

人生は選択。時々、運命。

アートの才能にきらめきを見せながらも、決定的な自分というものを見つけられず、いまだ人生が脇役気分のユリア。そんな彼女にグラフィックノベル作家として成功している恋人アクセルは、妻や母といったポジションを求めてくる。ある夜、招待されていないパーティーで若くて魅力的なアイヴァンに出会う。新たな恋を勢いよく楽しむユリアは、今度こそ人生の主役になろうとするが・・・

“最悪”な本音が“最高”の共感を呼ぶ

本年度の世界映画賞レースは、ノルウェーの異色作の話題で持ちきりである。ひとりの日常を描いた映画が、「痛烈」「破壊的」「センセーショナル」と、ミスマッチなレビューが殺到し、一大ムーヴメントを巻き起こしている。主人公は今作で映画初主演を果たしてレナーテ・レインスヴェ。「かつてないスターの到来」と絶賛の嵐で迎えられ、第74回カンヌ国際映画祭女優賞受賞をスタートダッシュに数々の賞を席巻、ついには第94回アカデミー賞脚本賞、国際長編映画賞ノミネートにたどり着いた。監督は『テルマ』のヨアキム・トリアー。芸術の都オスロを舞台に、遊び心あふれる独創的な映像とキャッチーな音楽でユリアの人生のターニングポイントを追いかけるが、描かれるのは【圧倒的なリアル】。ロマンティックでセクシーな恋、ヒリヒリする現実、ときめく未来・・・「どこかにもっと特別な自分がいる」と期待し、自己嫌悪に陥りながらも、時に衝動的に、自分に正直に人生を選択していくユリア。

「わたしは最悪」「愛してるけど愛してもいない」と一度は悩んだことがあるはず。
これは、新時代を生きる全ての人に送る、全く新しい人生賛歌!


映画名

わたしは最悪。

上映期間

8月中旬まで

上映時間

2時間08分

公式HP

https://gaga.ne.jp/worstperson/

配給

ギャガ

製作年/製作国

2021年/ノルウェー、フランス、スウェーデン、デンマーク

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,900円

学生(専門学校・短大・大学・大学院)【学生証提示】:
1,500円

中学生・高校生【学生証提示】:
1,000円

幼児(3才以上)・小学生:
800円

障がい者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報(各種割引サービスの併用は出来ません)

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,100円

毎月1日 ファーストデー:
1,200円
(12月1日(映画の日)は、お一人様1,000円)

60歳以上でシニア割:
1,200円
ご来場のご本人様のみ

小田急ポイントアプリ割引:
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒劇場窓口にて小田急ポイントアプリ使用でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※学生割引適用の対象は、専門学校・短大・大学・大学院生となります。