ルース・エドガー

上映中

字幕・日本語

PG12

DCP

上映期間: 7月上旬まで

上映時間: 1時間50分


(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

誰からも称賛される少年は本当に完璧な優等生なのか?それとも恐ろしい怪物なのか?
人間の本質を抉る、サスペンスフルなヒューマンドラマ!

アフリカの戦火の国で生まれ、7歳のときにアメリカへ渡り、心優しい養父母の元で育った17歳の少年ルース・エドガー。幼少期のトラウマを克服した彼は、文武両道の模範的な優等生として学校中の誰からも慕われ、バラク・オバマの再来と称されるほど将来を嘱望される存在となっていた。しかし、彼は同じアフリカ系の女性教師ウィルソンと対立する。ウィルソンは養母エイミーに「彼が危険な過激思想に染まっている」と告げ、ルースを育てた白人夫婦の胸にも疑念を生じさせていく―。
はたしてルースは何者なのか?完璧な優等生か?それとも狂気を秘めた怪物か?
この映画が行き着く“真実”とは―?

次世代のスターが圧巻の怪演!ナオミ・ワッツら実力派キャストが集結!
彼らが奏でるアンサンブルが“真実”を浮かび上がらせる―。

主人公ルースを演じるのは、主演作『WAVES/ウェイブス』が本作とともに立て続けに公開されるなど、今ハリウッドで注目を集める新星 ケルヴィン・ハリソン・Jr。
ルースの疑惑を告発する女性教師ウィルソンには、アカデミー賞助演女優賞を始め数多くの賞を獲得してきたオクタヴィア・スペンサー。愛する息子への疑惑に苦悩する養父母には、ハリウッド屈指の実力派 ナオミ・ワッツとティム・ロスが扮する。
原作は、オバマ大統領の時代に上演されたJ・C・リーの戯曲「Luce」。それに感銘を受けた、自らもアフリカ系移民でもある新進気鋭の監督 ジュリアス・オナーがメガホンをとる。
少年の“知られざる真実”をめぐって展開されるストーリーは、観る者の心を揺さぶり、先入観を覆し、さらにはアメリカという国の理想と現実をもあぶり出す。
現代社会に一石を投じる、全米が衝撃を受けた本作をぜひ劇場でご堪能下さい。


映画名

ルース・エドガー

上映期間

7月上旬まで

上映時間

1時間50分

公式HP

http://luce-edgar.com/

製作年・製作国

2019/アメリカ

配給

キノフィルムズ、東京テアトル

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,900円

学生(専門学校・短大・大学・大学院)【学生証提示】:
1,500円

中学生・高校生【学生証提示】:
1,000円

幼児(3才以上)・小学生:
800円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報(各種割引サービスの併用は出来ません)

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,100円

毎月1日 ファーストデー:
1,200円
(12月1日(映画の日)は、お一人様1,000円)

60歳以上でシニア割:
1,200円
ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※2019年10月1日(火)より学生割引適用の対象は、
専門学校・短大・大学・大学院生となります。

小田急ポイントカード割引:《2019年10月1日(火)より新設》
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※学生割引適用の対象は、専門学校・短大・大学・大学院生となります。