今宵、212号室で

上映中

字幕・日本語

R-15

DCP

上映期間: 7月上旬まで

上映時間: 1時間27分


(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope

パリのホテルを舞台に繰り広げられるマジカルナイト
恋がいっぱい、でも愛はひとつだけ

司法・訴訟史を専門とする大学教員のマリアは、付き合って25年、結婚して20年になるリシャールとパリのアパルトマンで二人暮らし。そんなマリアは夫に内緒で浮気を重ねていたが、ある日ついに夫にバレてしまいう。怒ったリシャールと距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室へ。窓越しに夫の様子を眺めていると、突然212号室に20年前の姿をした夫が現れる。更に戸惑い驚くマリアの前に、これまでの元カレたちや、夫の初恋相手までもが登場、 愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開ける──。

カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞(キアラ・マストロヤンニ)受賞!
フランスが誇る個性派俳優たちによるカルテット

主人公マリアを演じるのは、マルチェロ・マストロヤンニを父に、カトリーヌ・ドヌーヴを母にもつキアラ・マストロヤンニ。開放的なマリアを軽やかに熱演し、第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞を受賞。若き日の夫リシャールを演じているのは、『アマンダと僕』で注目を浴び、いまフランス映画界で最も期待を集める俳優、ヴァンサン・ラコスト。フレンチ・ポップス界の名プロデューサー&人気ミュージシャンでありキアラの元夫のバンジャマン・ビオレが、マリアの夫リシャールを演じ、元夫婦が共演をはたしたことも話題に。さらにNetflixでも配信中の人気ドラマ「エージェント物語」のカミーユ・コッタンなど、個性派揃いのカルテットが素晴しいハーモニーを奏でる。


映画名

今宵、212号室で

上映期間

7月上旬まで

上映時間

1時間27分

公式HP

http://www.bitters.co.jp/koyoi212/

製作年・製作国

2019/フランス・ルクセンブルク・ベルギー合作

配給

ビターズ・エンド

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,900円

学生(専門学校・短大・大学・大学院)【学生証提示】:
1,500円

中学生・高校生【学生証提示】:
1,000円

幼児(3才以上)・小学生:
800円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報(各種割引サービスの併用は出来ません)

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,100円

毎月1日 ファーストデー:
1,200円
(12月1日(映画の日)は、お一人様1,000円)

60歳以上でシニア割:
1,200円
ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※2019年10月1日(火)より学生割引適用の対象は、
専門学校・短大・大学・大学院生となります。

小田急ポイントカード割引:《2019年10月1日(火)より新設》
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※学生割引適用の対象は、専門学校・短大・大学・大学院生となります。