踊ってミタ

上映中

DCP

上映期間: 4月2日(木)まで

上映時間: 1時間44分


(C)2020「踊ってミタ」製作委員会

スマホひとつで誰もが発信できる時代。東京で映像作家の夢に破れた三田(岡山天音)は、観光資源もなく、名物の干し芋だけが頼りの春野山町役場シティプロモーション課で働いていた。
そんな中、町を活性化しろとの町長・丸山(中村優一)の命令で観光動画を制作することになる。誰よりもやる気満々の三田だが、センスはゼロ。腐りそうな三田を見かねた同僚の真鍋(武田玲奈)の提案によって“踊ってみた”動画作成をスタートさせることに。
踊ってみた動画に応募してきた出演者は、真鍋の妹で金髪ヤンキーのミネタ(横田真悠)、盆踊り大好き外国人のダリ(えんどぅ)、そしてパラパラを踊るお爺ちゃん(ルー大柴)と時代劇に夢中の孫(川原瑛都)のたった4人…!
さえないメンツに気落ちする三田は、ご当地アイドル“星いもco.”の元メンバー・古泉ニナ(加藤小夏)が町にいることを知り、加入を迫るが「変態」と罵られ取り付く島もない。まとまらないメンバーに町長の無茶ぶり、町の人にも白い目で見られ制作は難航。 それでも、三田の奮闘により完成が近づくなか、町全体を揺るがすネット大炎上事件が起こり…。

僕は、中途半端で
いつも傍観者で
逃げてばかりいた気がする
一度くらい、やり通して見せたいんだ
空前絶後のピンチを前に
後戻りするのか、前に進むのか
踊るか、踊らないかは君次第だ!

踊るしかねえだろ!!!!!!

主演:岡山天音×監督:飯塚俊光の3度目のタッグ作品は“町興し”と“踊ってみた”異色のテーマを融合した完全オリジナル新作!
映画『踊ってミタ』は、「踊ってみた」「ボカロ」「Vtuber」など日本発のインターネットカルチャーを題材にした初の映画で、「町興し」のため、つながりの薄かった人間たちが「踊ってみた」を通じて触れ合い、一歩踏み出し、自身と向き合うことで生きる活気や絆をとり戻してゆく姿を描く、観るものを熱くする地方再生型ヒューマン・ダンスムービー。
主演の三田を演じるのは、幅広い役を演じて評価を高め、若手実力派俳優として注目されている岡山天音。2017年『ポエトリーエンジェル』で第32回高崎映画祭の最優秀新人男優賞を受賞。監督・脚本をつとめるのは飯塚俊光。2012年『独裁者、古賀。』が、伊参スタジオ映画祭でシナリオ大賞を受賞。同作は自ら監督をつとめ、福岡インディペンデント映画祭2014や、PFFアワード2014、第8回田辺・弁慶映画祭など様々な映画祭で高く評価された。
岡山天音が主演した『チキンズダイナマイト』、そして『ポエトリーエンジェル』の監督をつとめており、本作は主演・岡山天音×監督・飯塚俊光による3度目のタッグ作となる。


映画名

踊ってミタ

上映期間

4月2日(木)まで

上映時間

1時間44分

公式HP

http://odottemita-movie.jp/

製作年・製作国

2020/日本

配給

東映ビデオ

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,900円

学生(専門学校・短大・大学・大学院)【学生証提示】:
1,500円

中学生・高校生【学生証提示】:
1,000円

幼児(3才以上)・小学生:
800円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報(各種割引サービスの併用は出来ません)

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,100円

毎月1日 ファーストデー:
1,200円
(12月1日(映画の日)は、お一人様1,000円)

60歳以上でシニア割:
1,200円
ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※2019年10月1日(火)より学生割引適用の対象は、
専門学校・短大・大学・大学院生となります。

小田急ポイントカード割引:《2019年10月1日(火)より新設》
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※学生割引適用の対象は、専門学校・短大・大学・大学院生となります。