ラスト・ムービースター

上映中

字幕

DCP

上映期間: 9月下旬まで

上映時間: 103分


(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

人生のあらすじは、途中で変えられる。
“第二幕で無様な演技でも客は忘れる 第三幕が良ければ―”

かつて一世を風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズ。彼のもとに、一通の招待状が届く。その招待状は、ロバート・デ・ニーロやジャック・ニコルソン、クリント・イーストウッドが歴代受賞者として名を連ねる映画祭からだった。一度はゴミ箱に捨てたその招待状であったが、友人の薦めでしぶしぶ参加することにする。しかし、現地に行ってみると驚くほどに無名の小規模な映画祭で、「話が違う」とエドワーズは怒りをあらわにするのであった。とは言いながらも、その映画祭の開催地は、彼の故郷に近いこともあり、沢山の思い出が甦る。生まれ育った家、大学のフットボールで駆け回ったスタジアム。最初の妻にプロポーズした岸辺・・・。自分の辿ってきた道のりを見つめ直し始めたエドワーズはある行動に出る・・・

2018年9月6日に82歳で惜しくも亡くなった、『脱出』『トランザム7000』『ロンゲスト・ヤード』『キャノンボール』『ブギーナイツ』などでしられる稀代の映画スター、バート・レイノル。本作が最後の主演作となった彼が、アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を筆頭に『レディ・バード』『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』『イット・カムズ・アット・ナイト』など、話題作を次々に生み出す気鋭の映画製作スタジオA24とタッグを組み、彼自身をモデルにした主人公ヴィック・エドワーズ役として、奇しくも自身の人生を演じている。

監督、脚本を務めるのは『デトロイト・ロック・シティ』『LOOK』などで知られるアダム・リフキン。声優としても話題のアリエル・ウィンター、『キック・アス』のクラーク・デューク、リチャード・リンクレイター監督作品『6才のボクが、大人になるまで。』の主人公エラー・コルトレーン、人気コメディ俳優チェヴィー・チェイスと演技派豪華キャストが集結!またVFX技術により、『脱出』『トランザム7000』のバート・レイノルズと、ヴィック・エドワーズを演じる老境のレイノルズとの”共演”が実現。主題歌の「To Get Here」はウィリー・ネルソンが本作のために書き下ろした。

追悼、バート・レイノルズ。
ハリウッドのスーパースターが刻んだ最後の雄姿。
永遠に刻み込め!


映画名

ラスト・ムービースター

上映期間

9月下旬まで

上映時間

103分

公式HP

https://lastmoviestar2019.net-broadway.com/

製作年・製作国

2017/アメリカ

配給

ブロードウェイ

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用