ピアッシング

上映中

字幕

PG12

DCP

上映期間: 7月26日(金)まで

上映時間: 1時間22分


(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED

男は、自身の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られていた。その衝動を抑制するために、SM嬢をホテルに呼び出し殺害を企てるが、計画は男の思い通りにはいかなかった。女はホテルの部屋に到着したと同時に自分自身の体を傷つけ始め、ついには倒れ込んでしまう。人を傷つけたい衝動と自身が傷つきたい願望が共鳴し合うことで、悪夢のような一夜が幕を開ける・・・

原作者として120%満足しています。
演技、演出、キャメラ、そして音楽、抑制され、かつ正確だった。
『ピアッシング』という物語のテイストが理解されていると感じた。
単に原作に忠実というわけではなく、不思議な感覚があった。
わたしが原作を書くときに思い浮かべたイメージが、スクリーンに再現されている、そんな感覚だ。
ホラー映画とカテゴライズされるのだろうが、残酷さの裏側、狂気の最深部に潜んでいる「人の優しさ」が、
さりげなく描かれる。タイトルバック、エンドロールのビルの映像には驚いた。すばらしい。
村上 龍(原作)

三島由紀夫、谷崎潤一郎など、日本を代表する作家の作品がこれまで多くの海外映像クリエイターたちに影響を与えてきた。中でもひと際異彩を放つ、日本を代表する作家・村上龍の「ピアッシング」が、『ファーストマン』のクリストファー・アボットと、『イノセント・ガーデン』『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカを出演に迎え、衝撃の映画化。監督は次回作で『呪怨』のリブート版に挑む、米インディーズ界の新鋭ニコラス・ペッシェ。

禁断の一刺し!
刺したい男と刺されたい女の一夜の攻防。
理性が崩壊したとき、あなたのモラルが崩れ去る・・・


映画名

ピアッシング

上映期間

7月26日(金)まで

上映時間

1時間22分

公式HP

http://piercing-movie.com/

製作年・製作国

2018/アメリカ

配給

パルコ

関連ニュース

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用