ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

上映中

字幕

DCP

上映期間: 6月下旬まで

上映時間: 1時間37分


ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。元々ミュージシャンだったフランク・フィッシャーは、妻との死別という悲しい過去を乗り越えて男手一つで娘サムを育てながらレコードショップを営んでいた。大きくなったサムはロサンゼルスの医大へ進学することが決まっている。学費の支払いとサムの将来、認知症の母親の介護などを考えて、フランクは17年間続けていたレコードショップの閉店を決意しようとしていた。ある晩、フランクはセッションしようとサムを無理やり誘い出し、サムは嫌々ながらもオリジナル曲のレコーディングに付き合うことに。歓喜するフランクをサムが戒めるように言った一言「私たちはバンドじゃないわよ」(“We’re not a band!”)を気に入ったフランクは勝手にバンド名にしてしまい、サムに無断でSpotifyに曲をアップロードしてしまう。二人のオリジナル曲はSpotifyで人気の曲を集めた”New Indie Mix”にリストインされ、多くの人達に聴かれるようになる。一筋の希望を掴んだフランクは、サムと一緒にライブをしたり曲を作り続けるという夢を描き始めてしまうが、サムにはサムの夢があった。恋の悩み、医学部への期待と不安。彼女には、とても父の夢に賛同する余裕はなかった。季節は過ぎ、サムの進学が近づく中、二人は人生の岐路に立たされる。それぞれの夢にたどり着くために、新たな一歩踏み出さなければならない時を迎えていた。

監督はブレット・ヘイリー。初監督作品『The New Year』はサラソータ映画祭でプレミア上映され観客賞を受賞。2015年にはサンダンス映画祭でプレミア上映された『アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームス』の共同脚本・監督・編集を務めた。ブライス・ダナーがゴッサム賞の最優秀女優賞にノミネートされた。2017年、『ザ・ヒーロー』で2度目となるサンダンス映画祭のUSドラマ・コンペティション部門に出品。この映画ではサム・エリオットがニューポート・ビーチ映画祭で最優秀演技賞に輝いた。レコードショップを営む父フランクに扮するのはニック・オファーマン。俳優、作家として活躍。NBCの人気シットコム『Parks and Recreation』のRon Swanson役で2011年に 米テレビ批評家協会主催のTAC賞でコメディ俳優賞を受賞。2015年にはFXシリーズ『FARGO/ファーゴ』の2シーズンでキルスティン・ダンストと共演し、クリティックチョイス・アワードにノミネートされている。医大へ進学する娘サム役を演じるのはカーシー・クレモンズ。女優でありミュージシャンとして活躍中。2017年にはVarietyによる注目すべき俳優に選ばれた。サンダンス映画祭で高い評価を受けた『DOPE/ドープ!!』はカンヌ映画祭やドーヴィル映画祭を含め複数の映画祭でノミネートされ、その作品への出演後、若手女優が配役される重要な役を多くの映画で手にしてきた。エズラ・ミラー主演のDC映画『フラッシュポイント(原題:Flashpoint)』ではヒロイン役に抜擢、J・D・ディラード監督作『SWEETHEART』では主演に決まった、今要注目の若手女優である。

きっかけはあの日のセッションから。
二人の未来は確かに動いていく。
今こそ、たびだちのうたを歌うとき!


映画名

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

上映期間

6月下旬まで

上映時間

1時間37分

公式HP

http://hblmovie.jp/

製作年・製作国

2018/アメリカ

配給

カルチャビル

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用