ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

上映中

字幕

DCP

上映期間: 3月下旬まで

上映時間: 1時間44分


(C)2017 BESIDE BOWIE LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

カリスマ的人気アーティスト、デヴィッド・ボウイと共に、70年代のイギリスロックシーンを創り上げた天才ギタリスト、ミック・ロンソン。二人は盟友であり、心から信頼し合う仲間だった。1971年に発売された『世界を売った男』『ハンキー・ドリー』に始まり、72年『ジギー・スターダスト』そして73年に発表された『ピンナップス』に至るまでバックバンド、スパイダーズ・フロム・マースのメンバーとしてデヴィッド・ボウイを支えた。だが、1973年10月18日『1980フロアショウ』を最後にミックはこれまで寄り添ったデヴィッド・ボウイと袂を分かち、自分の道を歩き出した・・・

ロックデュオとしては、我々はミック・ジャガーとキース・リチャーズ、アクセル・ローズとスラッシュなどと同等だと思う。ミックはロックンロール二元論の権化だ。
-デヴィッド・ボウイ

この映画は驚くほど謙虚な巨匠にオマージュをささげるものであり、ここに登場する何人かのアーティストたちのアルバムは彼がいなければ、ずっと寂しいものだっただろう。
-ザ・ガーディアン紙

監督はジョン・ブルーワー。若い頃にマネージャーとしてデヴィッド・ボウイやジーン・クラークらと活動を共にする。2005年に初の音楽ドキュメンタリーを監督。2014年には『B.B. King Life of Riley』を監督し、音楽ドキュメンタリー作品監督として不動の地位を築く。本作ではデヴィッド・ボウイ・アンド・ザ・スパイダーズ・フロム・マーズの数々の名曲に直接多大な寄与をし、これまであまり表舞台に登場しなかったミック・ロンソンに関するあらゆる素材に未曽有のアクセス権を得た。本作ナレーションはデヴィッド・ボウイが担当、ルー・リード、グレン・マトロック、ロジャー・テイラー、イアン・ハンター、スージー・ロンソン、アンジー・ボウイなど多くの有名アーティストや関係者の証言により語られる。

スターの傍には名ギタリスト有り!
ボウイの傍にはそう、ミックがいた。
ボウイファン垂涎、珠玉の104分。


映画名

ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

上映期間

3月下旬まで

上映時間

1時間44分

公式HP

https://besidebowie-movie.jp/

製作年・製作国

2017/イギリス

配給

パルコ

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用