アンフレンデッド:ダークウェブ

上映中

字幕

DCP

上映期間: 3月29日(金)まで

上映時間: 1時間33分


(C)2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

中古のラップトップパソコンを手に入れたマタイアスは、早速ソーシャルメディアにアクセスしたが、以前のユーザーと思われる“Norah”という名のアカウントの履歴が残されていた。マタイアスはそのアカウントをそのまま自分用に設定し、いつものように彼女のアマヤや友人とSkypeで会話を愉しんでいた。が、しばらくしてから中古のパソコン内部に“UNTITLED”と書かれた隠しフォルダを発見する。そのフォルダには体を鎖に繋がれ監禁されている女性や、ドラム缶の中に閉じ込められた人が撮影されたおぞましい動画の数々が保存されていた・・・。衝撃的な映像を目の当たりにし、恐怖にうろたえるマタイアスの元に、見知らぬアカウントからメッセージが送られてくる。「俺のパソコンを返せ。さもないとアマヤは死ぬ」。実はマタイアスはネットカフェの忘れ物コーナーに置いてあったパソコンを勝手に持って帰ってきてしまったのだ。後悔するにはもう遅く、身の毛もよだつ悪夢がはじまった・・・

全米で公開されると、話題を集め、BOX OFFICEで4週間連続TOP10入りを果たした本作。日本公開され、SNS上の恐怖を描いた前作『アンフレンデッド』待望の続編である。今回はインターネット上の暗黒世界が更にグレードアップされ、進化を遂げた。プロデューサーは前回に引き続き、『ゲット・アウト』でも手腕を振るったホラー映画界の重鎮ジェイソン・ブラムと、『search/サーチ』のティムール・ベクマンベトフの両者が務めた。監督は本作で監督デビューを飾るスティーブン・サスコ。『JUON/呪怨』『呪怨 パンデミック』で脚本を務めた経歴を持つ。主演は『アンセイン~狂気の真実~』のコリン・ウッデル。『ゲット・アウト』で不気味な家政婦役を演じきったベティ・ガブリエルが脇を固める。

ネット世界の暗部に隠れた危険領域“ダークウェブ”。
恐怖ふたたび!これは決して他人事ではない。
最恐ヒットメーカーたちが手掛けた新感覚スリラー、新たなステージへ!


映画名

アンフレンデッド:ダークウェブ

上映期間

3月29日(金)まで

上映時間

1時間33分

公式HP

http://dark-web.jp/

製作年・製作国

2018/アメリカ

配給

ミッドシップ

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用