ノーザン・ソウル

上映中

字幕

R-15

DCP

上映期間: 2月下旬まで

上映時間: 1時間42分


イングランド北部の町、バンズワース。先の見えない経済不況の渦中にあった1974年。ジョンは学校や家庭に居場所がなく高校生活の中で楽しみを見出せず、打ち込めるものない。悶々とした毎日を送っていた彼の唯一心和む瞬間は、大好きな祖父と過ごす時間と毎朝バスで綺麗な黒人の看護婦を見かけること。そんなある日、両親の勧めでジョンは気乗りしないながらも、ユースクラブへと出かける。そこで、ジョンはソウル・ミュージックで踊り狂う青年マットと出会った。初めて聞くソウル・ミュージックにジョンはこれまでに心の高まりを感じる。それ以来、マットの影響でジョンもノーザン・ソウルにすっかりのめり込んでしまう。高校を中退し、家を出たジョンはマットと共にノーザン・ソウルDJとして活動を始める。いつかDJで成功する決意を固めたジョンは、新しいレコードを探しにマットとアメリカへ渡る夢を見るようになるのだが・・・

『ノーザン・ソウル』というと音楽ファンでもほとんどの人が勘違いしているもので、1970年代の初頭にイングランドの北部で起きた現象です。その実態を知りたければ、青春映画としてもとてもよくできているこの作品を見ると完璧に把握できるはずです。サッカーと音楽以外には当時なかなか欲求不満の解消のしようがなかった若者たちの生活がありありと映っています。
-ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

1960年代にイングランド北部のワーキング・クラスの若者から生まれ、後のレイヴ・カルチャーなどに影響を与えた音楽ムーヴメント“NORTHERN SOUL”。ユース・カルチャーの描写に定評がある人気ファッション・フォトグラファー、エレイン・コンスタンティンが初の監督・脚本を務め、自身が70年代に“NORTHERN SOUL”に熱中した当時の経験を、スクリーンに蘇らせた。2014年に製作された本作は日本公開までに数年のブランクがあったものの2017年、この映画の日本公開を熱望したAfter School Cinema Clubによる限定的な自主上映イベントをきっかけに遂に実現した。

『さらば青春の光』『トレインスポッティング』『24アワー・パーティ・ピープル』『THIS IS ENGRAND』・・・
英国ユース・カルチャーを描いた傑作作品群につらなる、新たなマスター・ピースがここに誕生!


映画名

ノーザン・ソウル

上映期間

2月下旬まで

上映時間

1時間42分

公式HP

http://northernsoul-film.com/

製作年・製作国

2014/イギリス

配給

SPACE SHOWER FILMS

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用