メアリーの総て

上映中

字幕

PG12

DCP

上映期間: 1月24日(木)まで

上映時間: 2時間01分


(C)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

舞台は19世紀、イギリス。名の知れた作家を父に持つメアリーは、彼女自身も作家になることを夢見ては、厳しい継母の目を盗んで執筆をしていた。メアリーは母を亡くしており、母の墓へ出かけては心静かに死者の声を感じて、それを書き留めていた。継母との関係が悪く、作家志望であるメアリーは父に家を離れ、「孤独と向き合い自分の心から生じる本当の言葉」を見つけるようにすすめられ、父の友人の家で生活することに。そんなある晩、屋敷で開かれた読書会で“社会に変革を訴える過激な詩人”と噂されるパーシー・シェリーと出会ったメアリー。ふたりはすぐに、恋に落ちた。しかし、パーシーには妻子がいた。父から二度とパーシーと会うことを許さないと言われたが、愛の燃えるふたりは駆け落ちという選択をしたのだった。だが、その幸せは長くは続かなかった。妻子を持ちながら駆け落ちをしたパーシーは自分の父に勘当され、収入は皆無に。それでも刹那的な生活を続けるふたり。果たして二人の愛と、メアリーの作家人生の行方は・・・

あの怪物のかなしみは彼女自身のかなしみ。孤独も。
-ヒグチユウコ(画家)

傑作!メアリー・シェリーの生き様に胸を打たれる。
夢を諦めかけたり、人から夢を嘲笑われる度に、彼女の存在を思い出し、励まされ続けるだろう。
-ギレルモ・デル・トロ(映画監督『シェイプ・オブ・ウォーター』)

創作は、あらゆる負の感情をプラスに変える魔法。
深すぎる絶望が、希望になる瞬間を見ました。
-俵万智(歌人)

200年もの時を経ても尚、読まれ続けている「フランケンシュタイン」。ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチなど映画界における鬼才達に影響を与えた、ゴシック小説の金字塔である。こんなにも悲しく恐ろしいストーリーを創造したのは、当時18歳だったメアリー・シェリー。イギリス文学史に貢献した女流作家でありながらも、これまで謎に包まれていたメアリーの人生のすべてが、今回、初の映画化。メアリーに扮するのは今最も注目を集める若手女優、エル・ファニング。この後も『ガルヴェストン』(当館にて2019年公開)、『Teen Spirit(原題)』など、注目作への出演が続く。監督はサウジアラビア初の女性映画監督となったハイファ・アル=マンスール。2012年『少女は自転車にのって』で長編映画監督デビューを飾り、各国の批評家達から絶賛を浴びた。

君に出逢ってしまったから・・・
刹那的な愛がメアリーを苦しめる。
そして、怪物が生まれた。


映画名

メアリーの総て

上映期間

1月24日(木)まで

上映時間

2時間01分

公式HP

https://gaga.ne.jp/maryshelley/

製作年・製作国

2017/イギリス・ルクセンブルク・アメリカ合作

配給

ギャガ

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用