LBJ ケネディの意志を継いだ男

上映中

字幕

DCP

上映期間: 11月上旬まで

上映時間: 1時間37分


(C)2016 BROAD DAYLIGHT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

LBJことリンドン•B•ジョンソン。議員時代に持ち前の手腕で民主党の院内総務を務め、1960年の大統領選民主党候補に名乗りを上げた。北東部のエリート議員だったジョン・F・ケネディと南部の成り上がり議員のジョンソンの2人はライバルであり「JFK対LBJ」として世間から話題になったが、ケネディが勝利を収め、ジョンソンは副大統領となることを決意する。華やかで人から愛されるケネディと地味ながらも質実剛健なジョンソン。二人は自然と比較され、まさに光と影。ケネディが華々しく活躍し国民からの人気を集める中、ジョンソンは陰ながら、国のため、国民のため、国政を支えていく。そんな中、あの悲しき事件が起きてしまった。1963年11月22日12時30分、ダラスでケネディが暗殺される。それを受けジョンソンは急遽大統領に就任。それは暗殺されてからわずか98分のことだった。米国第36代大統領として彼の代わりとなるプレッシャーはとてつもなく大きい。それでも今までライバルとして戦ってきたケネディの意志を継ぎ、公民権法を成立に向け尽力するのだが…

成功を収め、権力を手に。しかし、彼は人に愛されない政治家。
そして、最大のライバルは、最も人に愛される男。
しかし、人に“愛される”って何 何。
そのライバルを失った時、彼の葛藤が歴史を動かすとは……。男の嫉妬は歴史を動かす。
-石原良純(俳優/気象予報士)

政治の裏は暗い闇。
裏切、買収、詐欺、謀略。昨日の友達は、今日の敵。誰を信じてよいのやら。
大統領はなぜ殺された?アメリカ、日本も同じ恐怖か。
-浜村淳(映画評論家)

リンドン・B・ジョンソンを演じるのは『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソン。ジョン・F・ケネディ役に『バーン・ノーティス』『FARGO/ファーゴ2』『ボーダーライン』『ブラッドスローン』等に出演活躍中のジェフリー・ドノヴァンがキャスティングされた。監督・製作は『スタンド・バイ・ミー』で全米監督協会賞の3部門、ゴールデングローブ賞、インディペンデント・スピリット賞にノミネートされ、『スパイナル・タップ』『ア・フュー・グッドメン』を手掛けたロブ・ライナー。

その男、優秀につき。
JFK亡きあと、国を支えたLBJ。
全管理職必見!男の働き様を見よ!


映画名

LBJ ケネディの意志を継いだ男

上映期間

11月上旬まで

上映時間

1時間37分

公式HP

http://lbj-movie.jp/

製作年・製作国

2016/アメリカ

配給

ツイン

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用