いつも月夜に米の飯

上映中

PG12

Blu-ray

上映期間: 9月28日(金)まで

上映時間: 1時間44分


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

千代里は地元新潟を離れ、ひとり東京の高校に通っていた。そんな千代里の元に、実家で小料理店を営む母、麗子が失踪したとの報せが届く。麗子は女手一つで千代里を育ててきたが、自由奔放なふるまいが目立ち、そんな母に千代里は距離を置いていた。そんなわだかまりを抱えながら千代里は、地元へ戻り、ひょんなことから料理人アサダと共に店で働くことに。慣れないながらも優しい常連たち、酒屋の息子・瑛一、自分を娘の様に気遣うアサダたちとの交流によって、千代里は少しずつ心を開いてゆく。そして、アサダの作る心のこもった料理、人柄に惹かれてゆく千代里だったが、そんな最中に母親である麗子突然戻ってくる…。

多くの名作・映画監督・アーティスト・役者を輩出してきた音楽×映画の祭典『MOOSIC LAB』。本作監督を務めるのは2014年に『MOOSIC LAB』で準グランプリ、観客賞、最優秀女優賞、男優賞に輝き、翌2015年、当館シネマカリテにて単独公開!スマッシュヒットとなった森川葵主演『おんなのこきらい』の加藤綾佳監督。主演千代里役は「ミスiD 2015」に入賞しデビュー。「non-noでモデルも務める山田愛奈。映画『最低。』で本格的に女優としてのキャリアをスタートさせた。料理人・アサダ役は実力派俳優、『恋愛奇譚集』の和田聰宏が演じる。母・麗子役に高橋由美子。瑛一役に渡辺佑太朗を迎え、小料理店常連役にMEGUMI、春花、森下能幸、マッスル坂井、飯田孝男、小倉一郎、角替和枝など個性派豪華キャストで固める。

わたしの人生は、
炊き立てごはんみたいにあったかくて、
塩引鮭よりもばかしょっぱい


映画名

いつも月夜に米の飯

上映期間

9月28日(金)まで

上映時間

1時間44分

公式HP

http://itsukome.com/

製作年・製作国

2018/日本

配給

SPOTTED PRODUCTIONS

関連ニュース

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用