ゆれる人魚

上映中

字幕

R-15

DCP

上映期間: 3月上旬まで

上映時間: 1時間32分


(C)2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE

物語も音楽も色彩も画面設計も編集も、すべてが鮮烈かつオリジナル。キッチュなだけじゃない、ただの80年代リバイバルでもない、ポーランドの新しい才能に大興奮!―――宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)

美しく、恐ろしく、儚く、心揺さぶられる。そんな夢を見続けているような・・・これぞ映画体験!映画を観ている間、自分がどこにいるのかわからなくなりました。ラストシーンで私が流した涙は、一体なんだったのでしょう?
―――大根仁(映像ディレクター)

すごく面白かった!美しい絵と音楽の素晴らしいポーランド産ムービー。ジェンクイエ!―――石野卓球(DJ・Producer)

・・・絶賛の声鳴り止まず。

舞台は1980年、ポーランド。美しい人魚の姉妹であるシルバーとゴールデンは人間を捕食して生きていた。ある時二人はワルシャワのナイトクラブにたどり着く。ストリップや、ライブ演奏が行われるナイトクラブは若者たちで賑わい、二人は得意のダンスと歌、そして美貌で一夜にしてスターに駆け上がった。そんな中、姉のシルバーはバンド演奏をしていたベーシストのミーテクという青年と恋に落ちる。初めての恋、シルバーは完全にミーテクにのめり込んでしまっていた。しかし、妹のゴールデンはミーテクを、人間を捕食相手としてとしか見ることが出来ず、恋に浮かれる姉に複雑な感情が湧いていた。恋に落ちた姉と捕食衝動を押さえきれない妹。次第に二人の関係に異変が生じ始める・・・

2016年サンダンス映画祭、ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞をはじめとし、世界各国の映画祭で多くの賞に輝いた、驚異のホラー・ファンタジー・ミュージカル!監督は本作が長編映画のデビュー作となるアグネシュカ・スモチンスカ。大学在学中に『The hat』『3 Love』を制作し、世界各国の国際映画祭で作品が評価され、数々の学生映画賞を受賞。2007年には本作の脚本を手掛ける脚本家ロベルト・ボレストとタッグを組み、彼が脚本を書いた『アリア・ディヴァ Aria Diva』を監督した。若手映画監督でありながら本作でポーランドの最大の映画賞、グディニャ映画祭において新人監督賞、メイキャップ賞に輝き、世界中で評価される存在となった。人間に恋をしてしまう姉・シルバー役には『夜明けの祈り』でシスターのひとりを演じたマルタ・マズレク。妹・ゴールデン役には実在する大量殺人犯を演じた『私、オルガ・ヘプナロヴァ』(原題 Já, Olga Hepnarová)で数々の女優賞を授賞。チェコを代表する新進女優となり、『Matilda(原題)』『Sobibor(原題)』などの話題作にも次々と出演を果たしているミハリーナ・オルシャンスカ。音楽はポーランドの人気インディーバンドであるバラデ・イ・ロマンセとして活躍するヴロンスカ姉妹。現在本国では最も期待されているバンドのひとつである。

美しき人魚の姉妹。
艶やかに舞い、歌い、奏でる。
かつてないホラー×ミュージカル×ファンタジー!

私たちを岸に上げて、食べたりなんかしないから。
こんなつもりじゃなかったの・・・
初恋は人だけでない、人魚も変える。


映画名

ゆれる人魚

上映期間

3月上旬まで

上映時間

1時間32分

公式サイト

http://www.yureru-ningyo.jp/

配給

コピアポア・フィルム

製作年・製作国

2015/ポーランド

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用