セブン・シスターズ

上映中

字幕

R-15

DCP

上映期間: 12月1日(金)まで

上映時間: 2時間03分


(C)SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016

時は2073年の近未来。地球は戦争、難民問題で資源を絶やしはじめ、人口が増加し続ける中、食糧不足に陥っていた。欧州連邦政府は人口抑制のため一人っ子政策を強要、子供は1家庭に1人までと定めた。2人以上子供が生まれてしまった場合どうなるのか?恐ろしいことに違法とみなされ児童分配局という機関に強制連行された挙句、人口問題が収束するまで冷凍保存されることとなるのだ。そんな一人っ子以外は生きることを許されない時代の中で、セットマン家に7つ子の姉妹が生まれる。遺伝子が組み換えられた作物により多生児が増加していたこの時代では、それは特段不思議なことではなかった。しかし、当然違法にあたるセットマン家の7姉妹、どうにか生き延びさせることはできないかと考えた彼女たちの祖父は驚きの策を講じる。7姉妹をマンデー<月曜>~サンデー<日曜>と名付け、自分の名前の曜日にだけ外出させ、社会の中では7人で1人の人物、「カレン・セットマン」を演じさせることにしたのだ。出産時に母親を亡くしてしまった7姉妹を、祖父は徹底的に管理し、育て上げる。7人はまさに運命共同体。いつしか30歳までになった7人は、分配局に気取られることなく立派に“1人”の銀行員として働くまでに育っていた。しかし、ある週のはじめ<月曜=マンデー>が帰宅しなかったことから、残された姉妹に動揺が走り始める。分配局に気づかれてしまったのか?次第に残された姉妹にも魔の手が忍び寄るが、6人それぞれの特殊能力と頭脳を集結させ、マンデーの行方を探し始める。

1人7役!この難題を演じきったのは『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』『プロメテウス』のノオミ・ラパス。優等生、ヒッピー、反逆者、天才エンジニア、パーティガールなど、7役それぞれ異なる姉妹のキャラクターを見事に演じ分け、さらには鍛えぬいた肉体を駆使して圧巻のアクションシーンにも挑んだ。共演に『グランド・ブダペスト・ホテル』『誰よりも狙われた男』『アンチクライスト』のウィレム・デフォー、『アルバート氏の人生』『美しい人』のグレン・クローズ。監督は『処刑山 デッド卍スノウ』がカルト的人気を博し、ジェレミー・レナー&ジェマ・アータートン共演『ヘンゼル&グレーテル』でハリウッドデビューを果たしたノルウェー出身、注目の俊英トミー・ウィルコラ。

What Happened to Monday?
月曜日に何が起きたのか。

一人っ子政策を強要する社会VS最強7つ子姉妹!
姉妹たちは戦いの果てに何を見る・・・


映画名

セブン・シスターズ

上映期間

12月1日(金)まで

上映時間

2時間03分

公式サイト

http://www.7-sisters.com/

製作年/製作国

2016/イギリス・アメリカ・フランス・ベルギー合作

配給

コピアポア・フィルム

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用