ボストン市庁舎

上映中

字幕

DCP

特別料金

本編中に途中休憩あり

上映期間: 12月16日(木)まで

上映時間: 4時間35分


© 2020 Puritan Films, LLC – All Rights Reserved

ようこそ!市民のための市役所へ!

舞台は、マサチューセッツ州の「ボストン市庁舎」。ボストンは、ワイズマン誕生の地でもある。カメラが市庁舎の中を映し出し、市役所の人々と街のあちこちへと思いのままに動き出す。そこでは、警察、消防、保健衛生、高齢者支援、出生、結婚、死亡記録など、数百種類のサービスを提供する市役所の舞台裏を見ることができる。なかなか見たり聞いたりすることができない仕事内容は、非常に興味深い。特に目を引かれるのは、アイルランド移民のルーツを持ち、労働者階級出身のマーティン・ウォルシュ市長の手腕である。多様な人種・文化が共存する大都市ボストンで、彼の言葉や行動はすさまじい説得力があり、力に満ちあふれている。それに負けず劣らず、市民のために働く人々はカッコいいの一言に尽きる。市民の思いや意見を聞き、職員が答える、一連の熱い言葉のキャッチボールも必見である。

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』で高い評価を得たフレデリック・ワイズマン監督の集大成ともいえる今回のドキュメンタリーは、2020年のトロント国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭に正式出品され、カイエ・デュ・シネマではトップ1位に輝いた。日本とは全く違う、ひとつひとつが驚きとユーモアにあふれ、真剣に市民のために働きかけ、問題解決に邁進するボストン市庁舎は圧巻である。そして、その行動は「人々がともに幸せに暮らしていくために、なぜ行政が必要なのか」という疑問の答えと導いてくれる。
私たちが知る〈お役所仕事〉とは全く違う想像もできない世界が、あなたを待っている。

ボストン市庁舎はトランプが体現するものの対極にあります。-フレデリック・ワイズマン

ここではアメリカ合衆国の問題を解決できません。
しかし、一つの都市が変われば、その衝撃が国を変えてゆくのです。-マーティン・ウォルシュ(ボストン市長)


映画名

ボストン市庁舎

上映期間

12月16日(木)まで

上映時間

4時間35分

公式HP

https://cityhall-movie.com/

特別料金

一般:2,800円
前売り/シニア・学生:2,500円 
障がい者手帳割引:2,000円

特別興行につき、各種割引・招待券・株主優待券はご利用頂けません。

配給

ミモザフィルムズ、ムヴィオラ

製作年/製作国

2020年/アメリカ

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,900円

学生(専門学校・短大・大学・大学院)【学生証提示】:
1,500円

中学生・高校生【学生証提示】:
1,000円

幼児(3才以上)・小学生:
800円

障がい者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報(各種割引サービスの併用は出来ません)

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,100円

毎月1日 ファーストデー:
1,200円
(12月1日(映画の日)は、お一人様1,000円)

60歳以上でシニア割:
1,200円
ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒劇場窓口にてカードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※学生割引適用の対象は、専門学校・短大・大学・大学院生となります。

小田急ポイントアプリ割引:
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒劇場窓口にて小田急ポイントアプリ使用でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※学生割引適用の対象は、専門学校・短大・大学・大学院生となります。