ワイルド

わたしの中の獣

上映中

字幕

R-15

DCP

上映期間: 1月27日(金)まで

上映時間: 1時間37分


(C)2014 Heimatfilm GmbH + Co KG

私は皆さんに“経験”というものを提供したかったんです。大抵他の似たような系統の映画ですと、“自然にかえる”ということは何らかの罰を与えられたりしますよね。コントロールがなくなった状態というのは、すごく怖いです。だけれど何かに縛られない、制御されないというのは良いことなんです。私はそれを体感できる映画を作りたかったんです。
―――二コレッテ・クレビッツ監督

日々、職場と自宅の往復。無機質で心浮き立つことのない平坦な毎日をおくる女性アニア<彼女>。そんな心が動くことない日常を過ごしていた<彼女>はある日、自宅マンションの前に広がる森で一匹のオオカミ<彼>を見かける。<彼>は<彼女>をじっと見つめ、再び森の中へと姿を消していく、それが<二人>の出会いだった。上司であるボリスにこき使われ、相変わらず冴えない日々が続くアニアは、初めて触れる<野生>に心をかき乱され、激しく心を惹かれていく。次第にオオカミに執着するようになり始めたアニアは、あらゆる手を尽くし、遂に狼を自宅マンションへと連れ込むことに成功する。狭い自室で暴れるオオカミに命の危険を感じつつも、次第に心を通わせ、アニアの秘めたる願望が露わに。アニアは<野生>の虜になっていき、危険な共同生活が続いていく。そんなアニアの変わりゆく姿に周りの人々が戸惑いを覚える中、上司のボリスは彼女の変化に関心を寄せる。不仲だったはずのアニアとボリス。心の隙間を埋めるかのように、二人は関係を持ち始めた。人と獣の狭間で揺れ動くアニアの運命はどこに向かうのだろうか・・・

CG・ぬいぐるみの使用は一切なし!人間とオオカミの愛を描きサンダンスを震撼させた衝撃作。監督は青春音楽映画『バンディッツ』で美女のエンジェルを演じた美しき俊英、二コレッテ・クレビッツ。主演にはオオカミと愛を育む美女を体当たりで演じたドイツの新世代ミューズ、リリト・シュタンゲンベルク。上司ボリス役にオーストリアが誇る名優『ファウスト』『ミケランジェロの暗号』『アイガー北壁』のゲオルク・フリードリヒ。アニアの妹役には『さよなら、アドルフ』での名演が記憶に新しいザスキア・ローゼンダール。そして本作の音楽には、今世界で最も尊敬と注目を集めているミュージシャンの一人、イギリスの若き天才ジェイムス・ブレイクも参加している。

野性の証明。狼に恋焦がれて…
これは禁断の愛なのか。それとも野生の必然なのか。

愛の対象は人間だけ?そんなの教わっていない。
愛が噛み付いてくる・・・


映画名

ワイルド わたしの中の獣

上映期間

1月27日(金)まで

上映時間

1時間37分

オフィシャルサイト

http://www.finefilms.co.jp/wild/

配給

ファインフィルムズ

製作年・製作国

2016・ドイツ

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,800円

大学生・高校生(学生証提示):
1,500円

中学生(学生証提示)・小学生・幼児(3才以上):
1,000円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,000円

毎月1日 ファーストデー:
1,100円
* 12/1 (映画の日)は、お一人様1,000円

60歳以上でシニア割:
1,100円
* ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引 大・高生200円引
* カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用