ようこそ映画音響の世界へ

上映中

DCP

上映期間: 【ご好評につき1週間延長決定!】10月29日(木)まで

上映時間: 1時間34分


(C)2019 Ain't Heard Nothin' Yet Corp.All Rights Reserved.

映画に命を吹き込む映画音響の世界とその歴史を紐解く、
興奮と感動に満ちたドキュメンタリー。

1927年に初の本格的なトーキー映画『ジャズ・シンガー』が誕生してから、現在に至るまで、進化し続けている映画音響。映画の“音”へのこだわりや芸術性を著名な映画監督が語るほか、1941年の『市民ケーン』から2018年の『ROMA ローマ』など、新旧の名作の映像を織り交ぜて、映画音響の歴史をたどっていく。

本作では、ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、デヴィッド・リンチ、アン・リー、クリストファー・ノーラン、ライアン・クーグラーなどが出演し、作品の映像と音の関係について深く語る。また、『スター・ウォーズ』のベン・バート、『地獄の黙示録』のウォルター・マーチ、『ジュラシック・パーク』のゲイリー・ライドストロームら映画音響界のレジェンドたちへのインタビューにより、裏方として名作映画を手掛けてきた音響技術者たちの実際の創作と発見を明らかにする。

本作を観ると、オーソン・ウェルズやアルフレッド・ヒッチコックがもたらした革新、ビートルズが映画音響に与えた影響、チューバッカなど人気キャラクターたちがイキイキとして見える秘密など、観客を映画の世界に引き込むための飽くなき探求と細かな仕事を知ることができる。技術者たちの挑戦と奥深き仕事愛を知ることで、これからの映画鑑賞が一味違ったものになるかもしれない。

監督は25年に渡りハリウッドで主に音響デザイナー、音響編集者として活躍するミッジ・コスティン。『クライ・ベイビー』(90)、『デイズ・オブ・サンダー』(90)、『愛と死の間で』(91)、『ホーカス ポーカス』(93)、『男が女を愛する時』(94)、『リッチー・リッチ』(94)、『ザ・ロック』(96)、『コン・エアー』(97)、『アルマゲドン』(98)、など数多くの大作に参加し、『クリムゾン・タイド』(95)と『アルマゲドン』(98)では、ゴールデン・リール賞の音響編集賞を受賞した。本作『ようこそ映画音響の世界へ』は彼女の初の長編監督作である。


映画名

ようこそ映画音響の世界へ

上映期間

【ご好評につき1週間延長決定!】10月29日(木)まで

上映時間

1時間34分

公式サイト

http://eigaonkyo.com/

配給

アンプラグド

製作年/製作国

2019年/アメリカ

■新宿シネマカリテ

所在地:
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅 東南口および
中央東口より徒歩2分

電話:
03-3352-5645

GoogleMapsで見る

■通常鑑賞料金

一般:
1,900円

学生(専門学校・短大・大学・大学院)【学生証提示】:
1,500円

中学生・高校生【学生証提示】:
1,000円

幼児(3才以上)・小学生:
800円

障害者手帳をお持ちの方:
1,000円 (お付き添いの方1名様まで同料金)

■割引情報(各種割引サービスの併用は出来ません)

毎週水曜日 映画ファンサービスデー(男女共):
1,100円

毎月1日 ファーストデー:
1,200円
(12月1日(映画の日)は、お一人様1,000円)

60歳以上でシニア割:
1,200円
ご来場のご本人様のみ

伊勢丹アイカード 三越伊勢丹エムアイカード割引:
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※2019年10月1日(火)より学生割引適用の対象は、
専門学校・短大・大学・大学院生となります。

小田急ポイントカード割引:《2019年10月1日(火)より新設》
当日料金 一般300円引/学生200円引
⇒カードご提示でご本人様とご同伴の方1名まで適用
※学生割引適用の対象は、専門学校・短大・大学・大学院生となります。