News&Topics劇場からのお知らせ

■ 『ぼんとリンちゃん』公開記念イベント続々決定!
                   2週目もやります!

ももいろそらを』で世界中映画祭熱狂させた小林啓一監督による待望の新作ぼんとリンちゃん』の公開を記念いたしまして、下記のスケジュールで連日イベントを実施いたします。

    (登壇者およびイベント内容は急遽変更する場合があります)

 

□ 9月20日(土) 出演者初日舞台挨拶 ⇒チケットは完売しました

 

□ 9月22日(月) トークショー(本編上映終了後) 終了しました

       (登壇者) 松澤千晶 さん(フリーアナウンサー)× 小林啓一 監督

 

□ 9月23日(祝)  トークショー(本編上映終了後) 終了しました

       (登壇者) <松崎ブラザーズ>
        松崎まこと さん(放送作家)& 松崎健夫 さん(映画評論家)× 小林啓一 監督

 

□ 9月24日(水)  トークショー(本編上映終了後) ⇒終了しました

     (登壇者) 吉田尚記 さん(ニッポン放送アナウンサー)× 小林啓一 監督

 

□ 9月25日(木)  トークショー(本編上映終了後) ⇒終了しました

    (登壇者) つぼみ さん(セクシー女優/出演者“桜田百恵”役) ×小林啓一 監督                       

 

□ 9月26日(金)  トークショー(本編上映終了後) ⇒終了しました

     (登壇者) 比嘉梨乃 さん(女優/出演者“みゆ”役)×
         
まつ乃家栄太朗 さん(女形役者/出演者“蟹江田敬三”役)× 小林啓一 監督

 

□ 9月29日(月)  トークショー(本編上映終了後)  ⇒終了しました

    (登壇者) ヴィヴィアン佐藤 さん(美術家・ドラァグ・クイーン) ×小林啓一 監督                       

 

□ 9月30日(火)  トークショー(本編上映終了後)  ⇒終了しました 

     (登壇者) 中森明夫 さん(作家・アイドル評論家)×
            比嘉梨乃 さん(女優/出演者“みゆ”役)×
小林啓一 監督

 

□ 10月1日(金)  トークショー(本編上映終了後) 

     (登壇者) 山中知恵 さん(グラビアアイドル)× 西野小春 さん(グラビアアイドル)
            
× 小林啓一 監督

 

□ 10月2日(木)  トークショー(本編上映終了後) 

    (登壇者) 寺嶋由芙 さん(アイドル) ×くれい響 さん(映画評論家・ライター)
           ×小林啓一 監督                       

 

□ 10月3日(金)  トークショー(本編上映終了後) 

     (登壇者) 森直人 さん(映画評論家/ライター)×小林啓一 監督

 

 〔チケット〕 通常料金。全席指定席。

        ※お手持ちの前売鑑賞券でもご覧になれます。

        ※座席指定券は各日2日前より劇場窓口にて販売します。

        ※当日の受付は朝の開場時間より入場券の販売を開始致します。

        ※場内でのカメラ(カメラ付き携帯含む)、ビデオによる撮影・録音・録画は
          固くお断りします。 

 

  ★来場者先着プレゼント実施!   NEW

    初日の9月20日(土)、21日(日)に映画をご鑑賞のお客様全員に、

    22日(月)~26日(金)各日先着100名様に、
    さらに27日(土)~10月3日(金)各日先着50名様に、主演の佐倉絵麻さん、

    高杉真宙さんからの「スペシャルメッセージカード」をプレゼント致します。

    ※20日、21日、22日~26日、27日~3日にお渡しするカードの絵柄・内容は
           異なります。 (全4種)

 

  ★ぼん&リン 等身大スタンディ設置!

    劇場ロビーにぼんちゃん(佐倉絵麻)とリンちゃん(高杉真宙)の

    等身大ステンディをオリジナルで製作しました。

    もちろん写真撮影OK!

    ぜひご鑑賞の記念に、トキメキ指数200%!のツーショット写真を撮ってお帰り下さい。

 

■ DVDスルーじゃもったいない!
   シネマの新しいカタチ

「Haute qualite´ オトカリテ」はじめます。 

         お待たせしました!第7弾作品決定!


こんなイイ映画がなんで劇場公開されないの?!

ボクたちは本当にオモシロイ作品をスクリーンで観たいんだ!

………その熱い思い、願いをシネマカリテがこれから叶えます。

 

いろんな諸事情で、劇場未公開・DVDスルーになってしまった隠れた名作に新しい価値をプラスしていく、カリテ特選のシネマ・リノベーション!題して「オト カリテ」

「オトカ リテ」を意味する言葉。 英語で言えば「ハイクオリティ」

昔ながらの住宅に初期の性能以上の新たな付加価値を付け加えて、再生していくリノベーションのように、埋もれた<オト カリテ高品質>作品を生まれ変わらせます。

 

★ Vol.1 『プレミアム・ラッシュ』  (上映終了)    

★ Vol.2  『サブマリン』  (上映終了)

★ Vol.3 『7BOX ‐セブン・ボックス‐』 (上映終了)

★ Vol.4 『マージン・コール』   (上映終了)

★ Vol.5 『21ジャンプストリート』   (上映終了)

★ 番外編 『ヘンゼル&グレーテル』 『今日、キミに会えたら』  (上映終了)

    (「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2014」)  

★ Vol.6 『キル・ユア・ダーリン』  (上映終了)
★  Vol.7 『エリート・スクワッド』 〔下写真〕 10月18日(土)~24日(金)  NEW
   第58回ベルリン国際映画祭金熊賞(最高賞)ほか全世界で30以上の映画賞を受賞!
      ブラジル映画史上に残る傑作エンターテインメントが満を持して[オト カリテ]に登場!
   危険なスラム地帯を舞台に、警察の超エリート“特殊部隊BOPE”が、過酷な戦いに挑む!

 

基本、上映は1週間限定のレイトショー公開。
どなた様もワンコイン500円でご鑑賞いただけます。

本編の素材は、このような特殊な形での上映になりますので、市販同様のDVDとなります。(ブルーレイ素材で販売されている作品を上映する際にはブルーレイで上映致します)

映像は事前にチェックした上で上映いたしますが、音質や字幕の粗さなどお見苦しい箇所がある可能性もございますので、あらかじめご了承下さい。

 

今後の[オト カリテ]は不定期ながら、毎月1本を目指して、
埋もれた<高品質>作品をリノベしていきます 
リクエストも随時募集しておりますので、
“私のとっておきの1本!”をお聞かせ下さい。

 

アナタのセレクトが上映作品を決める!

シネマの新しいカタチ[オト カリテ]にご期待下さい。

 

            (c) 2007 Zazen Produções Audiovisuais Ltda. / Universal Pictures International B.V. /  Posto9
                          Produções Ltda. / Estúdio Mega Ltda.
/ Quanta Centro de  Produções de São Paulo Ltda.
                         
All rights reserved.

                     

■カリテ水槽第10弾は Kiss! Kiss! Kiss!

       ・誰がどれほど望もうとも、
       1㎝の誤差もない未来を歩むことはできない。

       その当たり前の現実は、未来から振り返る時にしか理解できない。

        しかし、だからこそ、失われた青春は、

        どうしようもないほど光り輝く。

                    ―― 中井圭さん(映画解説者)

 

      ・“過ぎ去りし日は帰らず”という機微が、

       いまを生きる意味を改めて知らしめ、

       ヴィッキー・チャオの才能には嫉妬さえ覚える!

                   ―― 松崎健夫さん(映画評論家)

 

      ・なんて素敵な物語りだろう。女優たちが美しく切ない…。

       ヴィッキー・チャオ監督のまなざしの優しさに包まれた。

       愛に溢れた映画。

                   ―― 竹中直人さん(俳優・映画監督)

 

       ・こうゆう青春映画を待ってました!

        女子が女子を愛くるしいと思えてしまうくらい

         ヒロインのしぐさに目が行ってしまう。

          あと3回は観たい。

                   ―― 武田梨奈さん(女優)

 

      ・23年前に作った曲が国境を超え歌われていることの驚きと感動。

       甘さと苦さの二重構造の「青春」は万国共通。

       きっと皆さんも大切な「あの日」を想起するはず。

           ―― 元「大事MANブラザーズバンド」
                           立川俊之さん(ミュージシャン)

 

…………… その淡く切ない初恋模様に、絶賛の声、鳴り止まず。

 

武蔵野館にあってカリテにないわけがない!

今や映画館のロビー装飾には欠かせないアイテムとなった観賞魚の生体展示をする水槽ディスプレイ。カリテ版の「ヒーリング・アクアリウム」第10弾は、『建築学概論』『あの頃、君を追いかけた』に続く、淡く切ない初恋をノスタルジックに描いたASIA青春アンサンブル『So Young~過ぎ去りし青春に捧ぐ~』の公開を記念して、水の中で向かい合ってまるでキスをしているような行動を取ることから、その名が付いたキッシンググラミーと、ノーマルな金魚が泳ぐ水槽を展示しています。

 

青春の1ページ

劇中でも恋人同士が水族館デートを楽しむシーンがあります。

キスをして愛を確かめ合った<あの頃>を思い出して……

運が良ければキスシーンが見られるかも!?

 

清涼感あふれる癒しのリラクゼーション。

上映前のひと時、ゆったりとした時間をお過ごしください。

 

 

        (注)劇場ロビーには入場チケットをお持ちでない方のご入場はできません。

 

 

■お得なクーポンをご利用ください。

当劇場では、4月1日(火)からの消費税税率引き上げに伴い、「レイトショー割引」など、一部の割引サービスを3月31日(月)をもって、廃止いたしました。

今後、当劇場で上映される作品をご鑑賞の際には、事前に前売券をご購入されるか、当劇場ホームページに記載の[割引クーポン]をぜひご利用ください。

これまで、ホームページの割引クーポンをご利用の場合は、プリントアウトしてお持ちいただいておりましたが、今後はより手軽にご利用いただけますよう、スマホ・タブレットなどの[画面提示]でも、割引可とさせていただきます。   

   

         (注意) なおクーポン適用は、チケット購入時の提示に限ります。

                  ご購入後の金額変更・払い戻し等はできませんので、予め ご了承ください。

                  クーポンは他のサービスとの併用、特別興行などにはご使用になれません。

■消費税率引き上げに伴う
         鑑賞料金の改定について

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

武蔵野興業株式会社(運営劇場:シネマカリテ/新宿武蔵野館)では、平成26年
4月1日からの消費税率引き上げに伴い、以下の通り鑑賞料金を改定いたします。

 

【改訂の基本概要】

・全体での適正な価格転嫁になるよう、現行料金の一律値上げではなく、一部の
 各種割引料金を改定いたします。

・今後、更なる消費税率引き上げ時、経済市場の動向によっては、改めて
 鑑賞料金を改定する場合もございます。

 

【改定後の詳細】

・通常鑑賞料金(一般、大学生・高校生、中学生・小学生・幼児、障害者手帳を
 お持ちの方)は、現行料金のまま据え置き、改定はございません。

・各種割引料金は下記の通りとさせていただきます。

 

     〇 水曜レディースデー/現行1,000円

       → 水曜映画ファン感謝デー(男女共)1,000円

    〇 レイトショー(20時以降の回)割引/現行1,300円

       → 廃止。3月31日をもって割引終了。

    〇 1日ファーストデー/現行1,000円

       → 1,100円(100円追加)

             ※12月1日<映画の日>のみ1,000円(据え置き)

    〇 シニア(60歳以上)/現行1,000円

       → 1,100円(100円追加)

    〇 高校生友情プライス(3名以上)/現行お一人様1,000円

       → 廃止。3月31日をもって割引終了。

      〇 夫婦50割引/現行 ご夫婦で2,000円

       → 廃止。3月31日をもって割引終了。

 

       ・ HPクーポン、三越・伊勢丹エムアイカード割引の割引率は
                現行のままで変更ございません。
       ・各料金は内税にて総額表示となります。

 

                                                                            
                           平成26年3月15日  武蔵野興業株式会社

■ FOXサーチライト創立20周年プロジェクト
                シネマカリテにて始動!

フル・モンティ』『ボーイズ・ドント・クライ』『28日後』『ナポレオン・ダイナマイト(バス男』『サイドウェイ』『リトル・ミス・サンシャイン』『ダージリン急行』『JUNO/ジュノ』『(500)日のサマー』『クレイジー・ハート』『わたしを離さないで』『127時間』『ブラック・スワン』『ファミリー・ツリー』『ルビー・スパークス』『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』…そして先日まで当館でも上映していた『トランス』。

アート映画界をけん引し続け、数々のクオリティ・ムービー世に送り出し過去19年間で20個のアカデミー賞を受賞(81ノミネート)、この9年間で9回も作品賞にノミネートされている、文字通り“最もアカデミー賞に近い製作スタジオFOXサーチライトスタジオ」が、2014年創立20周年迎えるにあたり、それを記念して、映画通を唸らせる記念プロジェクトがいよいよカリテで始動します。

個性的で他では観られない“オンリーワン”な作品を送り続けているブランドが、これまで以上に日本の映画ファンに向けて、良質な作品群を公開していきます。第1弾作品『セッションズ』第2弾作品『ザ・イースト』。以降も、ウェス・アンダーソン監督アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督最新作待機中
   
映画館としてやるべき事があります。 ミニシアターだからできる事があります。
シネマカリテがやりたい事があります。
たくさんの人に観てほしい作品、映画ファンが求めている作品があります。
シネマカリテが届けたい作品があります。
……FOXサーチライト作品にはこれらの思いが詰まっています。
シネマカリテはもうすぐ1周年を迎えます。
これからも“オンリーワン”な劇場を目指して−。
                                

                       

         FOXサーチライト公式Facebookページ

                           https://www.facebook.com/FOXSearchlightJP

 

 劇場入口へ向かう地下への階段を下りていくとFOXファンファーレが高らかに鳴り響きます。

 

時は来た!新宿に新しいミニシアターが誕生。
 その名も 「シネマカリテ」

2012年12月22日(土)、新宿武蔵野館系列の新しいミニシアター シネマカリテ1・2」 が新宿駅東南口から歩いて2分の、当劇場にひけをとらない好立地にオープンします。

シネマカリテ」 は元々、現在の新宿武蔵野館の位置に1994年10月2001年末までの7年間、美術館を併設したミニシアターとして、その名称で存続していた劇場で、およそ10年ぶりに<復活>する形となります。

新宿武蔵野館同様 “なんでもあり!のラインナップに、作品の世界観を演出したディスプレイをブレンドし<特徴を創造する>劇場として取り組んでいきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


■住所
東京都新宿区新宿3丁目37−12 新宿NOWAビルB1F
JR新宿駅東南口 GAP並び スターバックス向い

■お問い合わせ先
03−3352−5645
ホームページ: http://qualite.musashino-k.jp/
ツイッター: https://twitter.com/cinema_qualite

■座席数
スクリーン1 : 97席(96席+車イス1席)  
スクリーン2 : 79席(78席+車イス1席)

■入場システム
全席指定(立ち見なし)・各回入替制
ご鑑賞日の2日前より先売りチケット発売(劇場チケットカウンターにて受付)
※電話・インターネットでのご予約は致しておりません。

■映写設備
両館ともDCP(デジタル)上映と35mmフィルム上映に対応

■音響設備
両館ともドルビーSRD 対応

■館内設備
・場内の座席は、パリオペラ座やベルサイユ宮殿などでも使われているフランス・キネット社の椅子を使用。ゆったりとご鑑賞できます。
ヒーリング・アクアリウム(水槽)常時設置

■お得なサービス
・毎週水曜日 映画ファンサービスデー どなた様でも1,000円
・毎月1日 ファーストデー どなた様でも1,100円(12/1のみ1,000円)