News&Topics劇場からのお知らせ

■『ザ・トライブ』大ヒット御礼トークイベント開催!

カンヌ国際映画祭2014批評家週間グランプリ含3冠受賞!セリフや音楽一切なし!字幕も吹替えすらも存在しない前代未聞の映画体験が味わえる、ウクライナ発の衝撃作『ザ・トライブ』の大ヒットを記念しまして、来る4月25日(土)に、日本初のろう者主演女優の忍足亜希子さんをお招きしてのトークイベントを開催いたします。ろう者であることによる映画撮影中の裏話や、本作の主演女優ヤナ・ノヴィコヴァさん来日中の交流などについてお話いただきます。(手話通訳付き)
皆様のご来場をお待ちしております。

〔開催日時〕   4月25日(土) 15:20の回 上映開始前

〔登壇ゲスト〕 忍足亜希子 さん
           
1970年生まれ。1999年『アイ・ラヴ・ユー』で
             日本最初のろう主演女優としてデビュー。
             第23回日本アカデミー賞協会特別賞や毎日
             映画コンクールなど多数の賞を受賞。
              
※登壇者は予定につき、当日に予告なく急遽変更する
                  場合がありますので、予めご了承下さい。

〔チケット〕 通常料金。全席指定席。
         
※お手持ちの前売鑑賞券でもご覧になれます。
             座席指定券は2日前の4月23日(木)より販売。
             当日の受付は朝の開場時間より入場券の販売を開始。
             前売券をお持ちのお客様も座席指定券との交換が必要
             となりますので、ご注意ください。

    ※ 前日までにチケットが完売になった際には、当日券のご用意はございませんので、
      予めご了承ください。

 

                       (C)UKRAINIAN STATE FILM AGENCY, 2014

 

■ DVDスルーじゃもったいない!
       シネマの新しいカタチ
    「Haute qualite´ オトカリテ」はじめます。
 

こんなイイ映画がなんで劇場公開されないの?!

ボクたちは本当にオモシロイ作品をスクリーンで観たいんだ!

………その熱い思い、願いをシネマカリテがこれから叶えます。

いろんな諸事情で、劇場未公開・DVDスルーになってしまった隠れた名作に新しい価値をプラスしていく、カリテ特選のシネマ・リノベーション!題して「オト カリテ」

「オトカ リテ」を意味する言葉。 英語で言えば「ハイクオリティ」

昔ながらの住宅に初期の性能以上の新たな付加価値を付け加えて、再生していくリノベーションのように埋もれた<オト カリテ高品質>作品を生まれ変わらせます。

 

★ Vol.1 『プレミアム・ラッシュ』  (上映終了)    

★ Vol.2  『サブマリン』  (上映終了)

★ Vol.3 『7BOX ‐セブン・ボックス‐』 (上映終了)

★ Vol.4 『マージン・コール』   (上映終了)

★ Vol.5 『21ジャンプストリート』   (上映終了)

★ 番外編 『ヘンゼル&グレーテル』『今日,キミに会えたら』 (上映終了)

    (「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2014」)  

★ Vol.6 『キル・ユア・ダーリン』  (上映終了)

★  Vol.7 『エリート・スクワッド』  (上映終了)


★  Vol.8 『私にだってなれる!夢のナレーター単願希望』 (上映終了)

★ 番外編 『アナザー・プラネット』 (上映終了) 
   
 (「FOXサーチライトリクエスト上映第2弾」1日限定特別上映)

 ★  Vol.9 『エリート・スクワッド/ブラジル特殊部隊BOPE』 (上映終了)

 ★ Vol.10 『あなたとのキスまでの距離』  (上映終了)

 ★ Vol.11 『22ジャンプストリート』  NEW
          
5月9日(土)~5月15日(金)
     お待たせしました![オト カリテ]リクエスト数圧倒的№1作品の
     登場です。またまた全米初登場第1位の大ヒットアクション・
     コメディシリーズ第2弾!今作では大学生を装いキャンパスに
     潜入捜査を繰り広げます。お観逃しなく!

                                   

基本、上映は1週間限定のレイトショー公開。
どなた様もワンコイン500円でご鑑賞いただけます。

本編の素材は、このような特殊な形での上映になりますので、市販同様のDVDとなります。(ブルーレイ素材で販売されている作品を上映する際にはブルーレイで上映致します)

映像は事前にチェックした上で上映いたしますが、音質や字幕の粗さなどお見苦しい箇所がある可能性もございますので、あらかじめご了承下さい。

 

今後の[オト カリテ]は不定期ながら、毎月1本を目指して、
埋もれた<高品質>作品をリノベしていきます 
リクエストも随時募集しておりますので、
“私のとっておきの1本!”をお聞かせ下さい。

 

アナタのセレクトが上映作品を決める!

シネマの新しいカタチ[オト カリテ]にご期待下さい。                           

■『おみおくりの作法』上映を祝して―
               
民生員ジョン・メイ等身大パネル展示中!

―ジョン・メイ流おしごと―

     ・亡くなった方の写真を見つけ出す。
     ・故人の宗教を探し出す。
     ・その人にあった弔辞を書く。
     ・その葬儀にふさわしいBGMを選ぶ。
     ・故人の知人を探し、葬儀に招待する。
     ・葬儀に列席する。

    ……あなたの、その誠意ある仕事ぶりにただゝ感服するばかりです。
 

新たな旅立ちに向けた、その“おみおくり”に涙が溢れだす…
奇跡の感動の波は、銀座の大ヒットを受け、いよいよ新宿・カリテへ―
興行収入1億円突破!今年前半を代表する大ヒットミニシアター作、心温まる英国印の感動作おみおくりの作法』(絶賛上映中)の公開記念して、劇場ロビーに、本作の主人公ロンドン・ケニントン地区民生係、勤続22年ごくごく普通の44歳ジョン・メイ等身大パネルを作っちゃいました。
こんな地味な人をパネルに!?
いや、彼と一緒に写真を撮ったら、きっと素敵なことが、
これからのアナタの人生に訪れるはず。そう、きっと幸運が集まってきます!

ご鑑賞の記念にどうぞご覧ください。
 

■カリテ水槽第13弾!ウーパールーパー連投!

武蔵野館にあってカリテにないわけがない!

今や映画館のロビー装飾には欠かせないアイテムとなった観賞魚の生体展示をする水槽ディスプレイ。カリテ版の「ヒーリング・アクアリウム」第13弾は、車椅子の天才物理学者スティーブン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻との純愛を描いた感動のヒューマン・ラブストリー『博士と彼女のセオリー』の公開を記念して(?)、前回の『ビッグ・アイズ』水槽から連投で登場の癒し系愛玩生物ウーパールーパー、別名アホロートル、別名メキシコサラマンダー、別名メキシコサンショウウオを展示しています。決してホーキング博士が飼っているわけではないし、もちろん本作にも登場しません(笑)

80年代半ばに焼そばのCMでその愛くるしい姿を披露し、エリマキトカゲと共に日本中を一世風靡した両性類で、現在武蔵野館水槽に展示中のオオグソクムシ同様に唐揚げとしても食用されているとか…。小っちゃな足には爪がちゃんと生えていて、トカゲのしっぽみたく再生も可能です。

清涼感あふれる癒しのリラクゼーション。

上映前のひと時、ゆったりとした時間をお過ごしください。

 

       
  

【お知らせ】

当シネマカリテは、一昨年の12月より「FOXサーチライト常設スクリーン」として、第1弾の『セッションズ』を皮切りに、サーチライト選りすぐりの作品を上映してきましたが、昨年6月に上映した『グランド・ブダペスト・ホテル』以降、新作を皆様に提供することができずにおります。これまでの経緯と今後の状況を判断し、“恒常的にサーチライト作品を日本で公開・上映する”という当初の企画理念の実現が困難と考え、「サーチライト常設スクリーン」としての役割に幕を下ろすことに致しました。

期待していただいた皆様には大変申し訳ございませんが、今後はこれに代わる新しいプロジェクトで、新たな“オンリーワン”企画を実現して、皆様に喜んでいただける作品をお届けできるよう努めてまいります。

何卒ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

■お楽しみはこれからだ!

最速お届け!2015年公開作品ラインナップ!

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年は『ドラッグ・ウォー/毒戦』『マイヤー・リング』『スノー・ピアサー』『ダラス・バイヤーズクラブ』『アクト・オブ・キリング』『チョコレートドーナツ』『グランド・ブダペスト・ホテル』『ホドロフスキーのDUNE』『リアリティのダンス』『複製された男』『黄金のメロディ〜マッスル・ショールズ』「アサイラム・フェスティバル」『ソウォン/願い』『バルフィ!人生に唄えば』『ぼんとリンちゃん』『悪童日記』『トム・アット・ザ・ファーム』…製作国やジャンルを問わず、武蔵野館同様に“何でもあり”の全109本を上映いたしました。

おかげさまで2周年を迎えたシネマカリテですが、オンリーワン!を皆様にご提供すべく、今年もバラエティに富んだラインナップで攻めていきます。

 

一足早くご紹介、初出し2015年公開作品ラインナップ!

 

先ずは、武蔵野館に負けじとばかりに、カリテもオスカー賞レースに参戦します!目指せ20週ロングラン!前哨戦のゴールデングローブ賞では作品賞を含む5部門にノミネート!あのオバマ大統領も2014ベスト映画に選んだ6才のボクが、大人になるまで。(絶賛上映中)

ようこそ、奇才の頭の中へ―同じくゴールデングローブ賞3部門ノミネート!ティム・バートン監督最新作はアート界を激震させた夫婦の実話バトル『ビッグ・アイズ』(1月23日公開)

さらに1本!ゴールデングローブ賞では4部門ノミネート!車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描く博士と彼女のセオリー』(3月公開)

バレンタインシーズンには、もはやカリテ常連!『ビトレイヤー』『トランス』『フィルス』に続いて登場のジェームズ・マカヴォイ主演、男と女の視点から2作品に分けて描いた別れから始まる物語ラブストーリーズ:コナーの涙/エリナーの愛情』(2月14日公開)

“可愛い”という名の毒、ご賞味あれ!カワイイから許すしかない森川葵主演の超絶恋愛映画おんなのこきらい<ディレクターズカット再編集版>』(2月14日公開)

音楽に導かれて…配給営業担当者が“観なくてもコレは間違いないから上映決めて”と太鼓判を押したヒューマンドラマ君が生きた証(2月21日公開)

『メビウス』級の衝撃を再び!字幕も吹替えもありません、<手話>という言語だけで全編を愛と憎しみで貫いたカンヌ批評家週間グランプリ作『ザ・トライブ』(4月18日公開)

音楽モノは今年も積極的にやります!ニューヨーク・パンクを代表するギタリストのジョニー・サンダースを追ったドキュメントLOOKING FOR JOHNNY(原題)』。それ以降もロックファン垂涎の作品群を用意していますので、乞うご期待!

前作『戦場でワルツを』でアカデミー賞にノミネート!「東京アニメアワード2014フェスティバル」でコンペグランプリを獲得したイスラエルの巨匠アリ・フォルマンの最新作は実写とアニメの融合コングレス未来学会議』<下写真>(6月公開)

夏休みにはポップでファッショナブル、音楽、友情、もちろん恋を詰め込んだミュージカル映画で弾けて下さい、GOD HELP THE GIRL(原題)』(8月公開)

 

さらに世界中で映画もサントラもバカ当たりしたのになぜか未だにDVDすら発売されていない作品や、『あと1センチの恋』のアイ・ラブ!リリーコリンズ主演作、『荒野の千鳥足』『SCUM』に続く“世界のどす黒い危険な闇映画”シリーズも公開に向けて調整中。真夏の夜には、ジョンレノンが「マジカル・ミステリー・ツアー」でこの動物に扮装、哺乳網ネコ目のトドラみたいな生き物に人間が改造されてしまうショッキング作も上映予定デス。

 

そして昨年の上映本数11本!劇場未公開なんて“もったいないとらんど”のDVDスルー作品にスポットを当てたシネマ・リノベーション企画オト カリテもさらに掘り起こしていきます!“これがスクリーンで観たい!”ワガママな一般の方からのご要望はもちろん、配給会社・ビデオメーカーの方々からの売り込みもお待ちしております。

 

……ザックり上半期に公開を予定している作品を一気にご紹介しました。

5月には初夏を彩るシネマ・パーティー第2弾!“過激な刺激、ムテキなステキ”―カリテならではセレクション!イベント盛りだくさん!公開週数増大?でお届けするカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015も開催決定!!

さらには[発掘]をテーマに新プロジェクトも企画進行中です。

 

お楽しみはこれからだ!

これらの作品が皆様との素敵な出会いになることを祈願して、今年一年もシネマカリテにご愛顧のほど、よろしくお願い致します。 

 

■シネマカリテ ついにネット予約開始!

みなさま、大変長らくお待たせいたしました!

 

1222日、本日2周年を迎えたシネマカリテですが、ついにこの度ネット予約サービスを開始させていただきます。

 

  【ネット予約 開始日時】

   12月24日(水) AM9:00〜

   予約サイト:https://cinema-qualite.appspot.com/

 

 

※24日(水)当日〜2日先のチケットをお取りいただけます。

※チケットは上映の1時間前までご購入いただけます。

※ネット予約できるお席の位置・数には限りがございますのでご了承ください。(需要により今後調整してまいります。)

※ネット予約の決済はクレジットカードのみの受付です。

 

詳しくは、当日より開通しますシネマカリテのネット予約ページをご覧ください。

(こちらのシネマカリテHPよりリンクを設置いたします)。

 

もちろん、サービスデーやファーストデーにも対応した料金でご予約いただけます。

 

スタッフ一同不慣れではございますが、よりみなさまにご利用いただきやすい劇場を目指して精進してまいります。

2周年を迎え、来年には2回目のカリコレ開催を迎えることも決定しているシネマカリテ、これからも当館をよろしくお願いいたします。

   2周年を迎え、来年には2回目のカリコレ開催を迎えることも決定しているシネマカリテ、これからも当館をよろしくお願いいたします。

■お得なクーポンをご利用ください。

当劇場では、平成26年4月1日(火)からの消費税税率引き上げに伴い、「レイトショー割引」など、一部の割引サービスを平成26年3月31日(月)をもって、廃止いたしました。

今後、当劇場で上映される作品をご鑑賞の際には、事前に前売券をご購入されるか、当劇場ホームページに記載の[割引クーポン]をぜひご利用ください。

これまで、ホームページの割引クーポンをご利用の場合は、プリントアウトしてお持ちいただいておりましたが、今後はより手軽にご利用いただけますよう、スマホ・タブレットなどの[画面提示]でも、割引可とさせていただきます。   

   

(注意)
なおクーポン適用は、チケット購入時の提示に限ります。

ご購入後の金額変更・払い戻し等はできませんので、予め ご了承ください。
インターネットからのご購入時には割引適用になりません。

クーポンは他のサービスとの併用、特別興行などにはご使用になれません。

■消費税率引き上げに伴う
         鑑賞料金の改定について

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

武蔵野興業株式会社(運営劇場:シネマカリテ/新宿武蔵野館)では、平成26年
4月1日からの消費税率引き上げに伴い、以下の通り鑑賞料金を改定いたします。

 

【改訂の基本概要】

・全体での適正な価格転嫁になるよう、現行料金の一律値上げではなく、一部の
 各種割引料金を改定いたします。

・今後、更なる消費税率引き上げ時、経済市場の動向によっては、改めて
 鑑賞料金を改定する場合もございます。

 

【改定後の詳細】

・通常鑑賞料金(一般、大学生・高校生、中学生・小学生・幼児、障害者手帳を
 お持ちの方)は、現行料金のまま据え置き、改定はございません。

・各種割引料金は下記の通りとさせていただきます。

 

     〇 水曜レディースデー/現行1,000円

       → 水曜映画ファン感謝デー(男女共)1,000円

    〇 レイトショー(20時以降の回)割引/現行1,300円

       → 廃止。3月31日をもって割引終了。

    〇 1日ファーストデー/現行1,000円

       → 1,100円(100円追加)

             ※12月1日<映画の日>のみ1,000円(据え置き)

    〇 シニア(60歳以上)/現行1,000円

       → 1,100円(100円追加)

    〇 高校生友情プライス(3名以上)/現行お一人様1,000円

       → 廃止。3月31日をもって割引終了。

      〇 夫婦50割引/現行 ご夫婦で2,000円

       → 廃止。3月31日をもって割引終了。

 

       ・ HPクーポン、三越・伊勢丹エムアイカード割引の割引率は
                現行のままで変更ございません。
       ・各料金は内税にて総額表示となります。

 

                                                                            
                           平成26年3月15日  武蔵野興業株式会社

■時は来た!新宿に新しいミニシアターが誕生。
            その名も 「シネマカリテ」

2012年12月22日(土)、新宿武蔵野館系列の新しいミニシアター シネマカリテ1・2」 が新宿駅東南口から歩いて2分の、当劇場にひけをとらない好立地にオープンします。

シネマカリテ」 は元々、現在の新宿武蔵野館の位置に1994年10月2001年末までの7年間、美術館を併設したミニシアターとして、その名称で存続していた劇場で、およそ10年ぶりに<復活>する形となります。

新宿武蔵野館同様 “なんでもあり!のラインナップに、作品の世界観を演出したディスプレイをブレンドし<特徴を創造する>劇場として取り組んでいきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


■住所
東京都新宿区新宿3丁目37−12 新宿NOWAビルB1F

JR新宿駅東南口 GAP並び スターバックス向い

■お問い合わせ先
03−3352−5645

ホームページ: http://qualite.musashino-k.jp/
ツイッター: https://twitter.com/cinema_qualite

■座席数
スクリーン1 : 97席(96席+車イス1席)  

スクリーン2 : 79席(78席+車イス1席)

■入場システム
全席指定(立ち見なし)・各回入替制

ご鑑賞日の2日前より先売りチケット発売(劇場チケットカウンターにて受付)
※電話でのご予約は致しておりません。

■映写設備
両館ともDCP(デジタル)上映と35mmフィルム上映に対応


■音響設備
両館ともドルビーSRD 対応


■館内設備
・場内の座席は、パリオペラ座やベルサイユ宮殿などでも使われているフランス・キネット社の椅子を使用。ゆったりとご鑑賞できます。

ヒーリング・アクアリウム(水槽)常時設置

■お得なサービス
・毎週水曜日 映画ファンサービスデー どなた様でも1,000円
・毎月1日 ファーストデー どなた様でも1,100円(12/1のみ1,000円)